2008年07月31日

入院3日目

ふらふら今日も寝られなかったねぇバッド(下向き矢印)
寝付けないし、何度も起きるし、変な汗かくしあせあせ(飛び散る汗)

そして夢を見たたらーっ(汗)
バッタの大群がいっぱいいる中にいて、顔中にたかってくるの。
そのバッタが目にガーーexclamation×2っと集まってきたがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

うわ〜〜〜どんっ(衝撃)って眼帯を掴んで飛び起きました。。
すっごい怖かったあせあせ(飛び散る汗)

朝の点眼、検温病院39.9度
今日の予定は午前中に左目のレーザー、午後に右目の空気入れです。

病院では毎日がパジャマ兼部屋着で過ごしています。
お風呂に入れないので、汗はかいてなくても毎日着替えることにしたよ。
一日こんな感じで過ごしています

6:00 起床
6:30 点眼&検温
6:30〜7:30 身体、顔を拭く、着替え、歯磨き、部屋の空気の入れ替え(ついでに窓側だったので布団をベットの柵にかけて干してました)
7:30 朝食
9:00 診察 昼までにもう一度点眼
12:00 昼食
14:00〜15:00 主治医の診察
18:00 夕食
20:30 足を洗いに行く(気持ちいい!)
21:00 就寝


今日の予定は午前は左目のレーザー、午後は右目の空気入れです。
目何だか忙しいexclamation&question

レストラン朝食レストラン

2008.07.31-01.JPG

バナナ&ヨーグルトは食べすぎでしょ。
ザ・ダブルデザートexclamation×2
でも、今日も完食揺れるハート

午前の診察は主治医先生でした。
予定通り午前中にレーザーをします。
そのまま、レーザー前の検査&手術同意書にサイン。
検査室は外来の患者さんと一緒です。優先で呼ばれるけど部屋着で恥ずかしいねあせあせ(飛び散る汗)

手術をしてくれる先生に診察してもらう。
レーザーを照射するポイントを診ながら決定。
範囲が大きいから10分くらいかかるそうです。

はて?長いのか短いのか・・・通常より長いのかな?
それより気になる痛みは?
「目の奥のほうに鈍痛がある人もいる」ってたらーっ(汗)
わーい(嬉しい顔)何とかなるでしょう。やるしかないしねexclamation×2

レーザー室に呼ばれる。
眼圧検査と同じような椅子に座ってする医療機器。手術とはいえ手軽に出来るんだね〜。
点眼麻酔をして先生を待ちます。

先生「チョット長いけどがんばってね〜」
動かないようにバンドで頭を固定する。
ミリ単位での作業が動いたら大変なことに・・・とゾッがく〜(落胆した顔)とした。
先生「特別なコンタクトをするからグロスを塗るね〜」
軟膏みたいなのが塗られてギュッexclamationっとコンタクトを押し当てられる。
気持ち悪いぃふらふら

先生「始めます〜、ピカッぴかぴか(新しい)と明るいからね」
ビカッッexclamation×2
避けようのない明るさひらめき(当たり前だよ)
先生「大丈夫ですか?」
私「はいあせあせ(飛び散る汗)大丈夫みたいです。」

ビカッぴかぴか(新しい)ビカッぴかぴか(新しい)ビカッぴかぴか(新しい)ビカッぴかぴか(新しい)
避けようの無い明るさが続くどんっ(衝撃)頭の奥が痛いズキズキするあせあせ(飛び散る汗)
しばらくガマンしたけど、しんどいし冷や汗が出る。我慢してたけど
私「う〜〜あせあせ(飛び散る汗)いたい〜〜あせあせ(飛び散る汗)」と声が出てしまうふらふら
先生「もうずぐで一周するから。。」
と、真剣な様子。

終わって頭が開放した頃にはフラフラの貧血状態ふらふら
しばらく休ませてもらいました。
レーザーの感想は、「想像よりも辛かったexclamation×2」ですバッド(下向き矢印)

フラフラしながら部屋に戻ると、母が来ていました。
倒れこむようにベットに戻るとビックリしてた。
「レーザーで焼いた所が固定されるまで安静に」って言われたので
横になってやすんでいると、手術着をもって看護婦さんがやってきた。
「○○さ〜ん、午前中に右目の予定が入れられたから時間が来たら呼ぶね!」

右目の空気入れは1分くらいって言ってたから診察室で出来ると思ってた私パンチ
また手術着に着替えて、手術室に入るのねたらーっ(汗)
予定の時間まで1時間。さっき戻ってきたと思ったら・・あはは・・・たらーっ(汗)

いいよexclamationやってやるさっexclamation×2
前回と同じルートで手術へとGOるんるんですひらめき

どんっ(衝撃)試練の一日の始まりだったですバッド(下向き矢印)


今回は眠れる(?)注射&点滴は無しexclamation
麻酔も点眼麻酔のみです。。
この頃から「今回は一部始終がまる見えじゃんexclamation」と不安99%期待1%ダッシュ(走り出すさま)

ガラガラ〜と手術室へ運ばれる天井も良く見える。
目を冷たい洗浄液でジャージャー洗い、ビシャビシャ消毒する。
眼帯&ガーゼで蒸れてた所がスッキリぴかぴか(新しい)して気持ちよかったわーい(嬉しい顔)
「サッパリしましたるんるん」と言うと看護婦さんに笑われる。

先生登場exclamation×2
「もうレーザーは終わったんだね。おつかれさん。また頑張ろうね。」
顔に目だけ出るシートを掛けられて目を開く器械をして、更にexclamation眼球に直接シートをべったりexclamation×2ギューギュー押さえ付ける。
生まれたての子犬を扱うようにしてた右目がっあせあせ(飛び散る汗)
必要な場所だけシートを切り始まった。。

メスとか注射器が見えるのかと思ったら、光を当てるから何にも見えないバッド(下向き矢印)不安100%に達するがく〜(落胆した顔)
眼球を押さえる不安と、刺されるような違和感。1分はまだexclamation&question
目の奥にジワ〜っと鈍痛。
「ま〜だ〜ですかぁ〜〜〜」と訴えてみると、「化膿止めの注射だよ。もう終わります」
言われたとおり、真っ暗になって終わったたらーっ(汗)

exclamation&questionまっくらexclamation×2何にも見えないふらふら(不安130%)

「先生・・・何も見えないんですけど」
「強い光を当ててたから、目がくらんでるだけ。」
よかった・・・

そして、歩いて帰られると思ってた私でしたが、また移動ベットに乗せられて部屋に戻りました。。。

今回は空気を入れたので気泡が上にくるよう「うつむき姿勢」を就寝まで行います。
後頭部が真上を向くようにexclamationが正しい姿勢。
楽にこの姿勢が取れるよう補助パット(おでこと胸に当ててうつぶせになれる道具)を用意してもらいました。

右目はジンジンするし、手術だから当たり前だけど辛かったもうやだ〜(悲しい顔)
ホッとしたいけど「うつむき姿勢」はどこかに力が入る。
何とか1日終わった感じ。。。ここまでやっと昼前。。色々あり過ぎったらーっ(汗)


戻ってすぐお昼ご飯あせあせ(飛び散る汗)

2008.07.31-02.JPG

さすがに少し休んでから頂きました。
「うつむき姿勢」なので真下を向いて食べる。非常に食べにくい。
exclamationエエイめんどうだexclamation×2
立って食べてました。
午前中に空いていたベットに新しい人と「なかなか見れる姿じゃないよね」と言いながら完食しましたるんるん(汁物はストローであせあせ(飛び散る汗)


しかしこの「うつむき姿勢」は辛い。
グッド(上向き矢印)アゲアゲだった(?)気分は一気にどん底です。。。
最後にはベットにしゃがんで机にタオルを引いておでこを乗せる姿勢に落ち着く。(見せられないわあせあせ(飛び散る汗)
婦長さんに「あら?凄い格好の人がいますね〜うつむきがんばってください」と言われた。

できる事といったら「音楽を聴く」「しゃべる」事だけ。
しかも今日はHおばあちゃんの退院。
鏡越しに顔を見てお別れしましたたらーっ(汗)
周りがワイワイ話してても気分は落ち込む。しんどい。。。
だまっていると最悪。時間がたつのが遅くて・・・バッド(下向き矢印)
隣のベットに入ったUさんは話好きな女性で、話し相手になってくれて助かりました。
この頃でやっと14時頃。就寝時間までまだまだふらふら

そのうちHおばあちゃんと入れ替わりに入ってきた女性がいたけど、「うつぶせ」のせいで顔を見て挨拶ができない〜〜ふらふら
人って目でコミュニケーションとってるんだなぁ。。。

たらーっ(汗)夕食もたらーっ(汗)

2008.07.31-03.JPG

下を向いたまま立って食事ですたらーっ(汗)
美味しいけどせわしない。。
やっと食事も終わって就寝時間まで頑張りましたパンチ
その頃には肩こりが凄いバッド(下向き矢印)

でもね、私はまだ楽なほう。。
剥離の場所によっては「うつぶせ」を1週間って場合もあるんだってがく〜(落胆した顔)
あと、補助パット。実用的じゃない。マッサージ屋さんに置いてあるパットの方がずっと楽。
病院内で唯一残念だった。もっと新しい物(患者にとって楽な物)に変えたらいいのに。

目目の中に入れた空気は泡になって見えますぴかぴか(新しい)
牛乳瓶をひっくり返して底に気泡が溜まったのが目の中に見える感じ。
もちろん顔を動かすと動きます。
綺麗で面白いよぴかぴか(新しい)
下を向くと正面に来るから、階段を下るのが怖いんだけどねたらーっ(汗)

そんな感じで今日も一日終わったのでした眠い(睡眠)
posted by kozakura at 00:00| Comment(0) | 入院と手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

入院2日目

なが〜い夜夜でしたあせあせ(飛び散る汗)

Hおばあちゃんも眠れなかったみたいで、2人して寝れないね〜と夜中言ってたあせあせ(飛び散る汗)

朝の検温病院37.2度&点眼。
しゃあないね。寝不足で体ダルイし。
調子が悪かったら声をかけて下さいと、看護婦さん。

かわいい今日の朝食かわいい

.

もちろん完食るんるん
朝食は7時半くらいからです。ボリュームがあってこんなに食べてもいいのexclamation&questionと思いますあせあせ(飛び散る汗)
食後には化膿止めの飲み薬が処方されました。

午前中は点眼のみで、ゆっくりできました。
という事は、もうお昼ご飯exclamation×2

2008.07.30-02.JPG

またまた完食あせあせ(飛び散る汗)
動いて無いのにどうしてお腹減るのかなぁ。
唯一の楽しみでもあるけどひらめき

午後は、診察がありました。
入院患者さんが待合に集まって、看護婦さんが点呼します。
まるで遠足のようかわいい

そろった頃に先生が登場です。
術後初の診察は緊張exclamation
「綺麗に塞がっていなかったら・・・」「もう一方の方法で再手術になったら・・・」
ドキドキしながら順番待ち。他の患者さんも同じ気持ちだろうなぁ。

順番が呼ばれ、先生から一言。
「痛くして悪かったねぇ。あなたが小田原に住んでいるって事はわかったよ。」
手術中に話してたのは自宅の事だったみたい。
痛かったことは覚えてないですかわいい

結果は綺麗に塞がっていますが・・・
めくれた網膜の端がペロペロと浮いてしまってる。
空気を入れてその浮力で押さえましょう。との事です。
1分くらいで終わる処置だそうるんるん
明日、空気入れと左目のレーザーをやる事になりました。

追加処理はあったけど、良好でよかったわーい(嬉しい顔)
痛みもさほど無いし、何より元気だexclamation×2
涙が出るため眼帯の手前のガーゼはまだ取れない。
これがなくなれば風通しが良くなって、スッキリするけどな目

同じ手術をうけたIさん、Fさんにもあってお互いに経過を報告。
2人はかなり痛いみたいあせあせ(飛び散る汗)
しかもIさんは麻酔の時内出血をしてパンチパンチされたように、青タンができて可哀想だったもうやだ〜(悲しい顔)
でもみんな元気そうひらめき

Fさんがケーキを貰ったから食べない?と声をかけてくれたので
明日コーヒーを用意して食べましょうと約束かわいい何か楽しいグッド(上向き矢印)

経過を旦那に報告携帯電話してしばらく経った頃に
「これ、届いてますよ。遅くなってごめんなさい。」と事務員さんが持ってきてくれた紙。
病院のHPから「患者さんへメッセージが送れます」というのを見つけた旦那が送ってくれたメッセージが書かれてましたぴかぴか(新しい)
本当は手術前に読む内容だったけれど、うれしかったわーい(嬉しい顔)
るんるんありがとうねるんるん

Hおばあちゃんも結果が良くてなんと明日退院exclamation×2
おめでとうわーい(嬉しい顔)と話しながら、ホッとした時間を過ごしました。

かわいい夕飯は〜かわいい

2008.07.30-03.JPG

炒め物系グッド(上向き矢印)
なんてったって、白米が美味しい。
内臓は健康で良かったわーい(嬉しい顔)

来てくれた母を見送り、眠れない就寝時間へと突入するのでしたあせあせ(飛び散る汗)


posted by kozakura at 00:00| Comment(0) | 入院と手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

入院&手術の日

いよいよ入院病院手術目の日です。
人生で初の事なのでドキドキで昨夜は寝れませんでした。。。
ウソですひらめき昨日の疲れでぐっすり眠い(睡眠)休め充電完了手(グー)

10時に受付が始まるので昨日よりもゆっくりな出発です電車
晴れ今日も暑いexclamation×2
猛暑の真っ盛りに涼しい病院にいられるのはラッキーぴかぴか(新しい)exclamation&question

病院に到着してナースセンターに直行。
昨日もらった書類を手渡して、部屋と手術の時間の案内を待ちます。

ぴかぴか(新しい)入院時の書類ぴかぴか(新しい)
 眼鏡手術承諾書・同意書
 眼鏡寝具借用書
 眼鏡食事アンケート
 眼鏡緊急連絡先についてのお願い

入院期間は7日間位、休養期間は2〜3週間の予定です病院

待ち時間に昨日見かけた入院予定の人が居たので、話かけたら同じ網膜剥離だってexclamationさらに同じ病気の人がもう一人。
3人&母とで色々話してると婦長さんに「わーい(嬉しい顔)3人もう仲良くなったの?」と言われたかわいい
Iさん、Fさんとも年上の女性で同じ病気なんて心強いわるんるん

入退院の人でごった返す中、ようやく部屋が3人部屋の101号室・手術が14:30〜15:30と決まりました。

お昼は抜きと聞いていたけど、手術の時間が遅めだから食べても決定ラッキーひらめき

2008.07.29-01.JPG

お昼ですわーい(嬉しい顔)結構豪華で、美味しかったるんるん
余裕のあった昼食に撮った写真撮影がこれからの日課になりましたかわいい

同部屋のHおばあちゃんは白内障のレンズがずれた為再手術。お気の毒ですふらふら
上品で話好きな女性で、娘さんは賑やかな人わーい(嬉しい顔)手術前の緊張が少し和らぎ嬉しかったな。


何度かの手術前の点眼に呼ばれ、先にHおばあちゃんが手術室へ。
「行ってくるね〜かわいい」体は元気なので歩いて手術室へ向かいます。
そしてナースコールで私の順番が呼ばれ向かおうとすると、Hおばあちゃんが徒歩で帰宅かわいい
「ただいま〜かわいい」「大丈夫?歩いてきたの?痛くない?」
「全然大丈夫だよわーい(嬉しい顔)」すごいexclamation×2私も頑張らなくっちゃ手(グー)

ナースセンターで血圧を計って、点眼をし手術室へ案内されました。
直前まで母が付いてきてくれて、がんばってexclamation心配かけてごめんねあせあせ(飛び散る汗)

手術待合室は音楽が流れててたとえるなら、歯医者の待合室(みんな手術着だけどね)
順番待ちの人。終わって歩いて帰る人。まるで流れ作業だわ。

看護婦さんに呼ばれ、リクライニングでベットになる椅子に座ります。
名前と生年月日、手術する方の目を再確認してテキパキと準備をする看護婦さん。明るくやさしく声をかけてくれるのがとても安心できるわーい(嬉しい顔)

心電図、血圧計、点滴、と思わず手を上げないように両手を拘束します。
それから気分を楽にする筋肉注射。
これは一度胃カメラの時に打って、かなり効き目があったから助かりました。
今回も効くと自己暗示目
やっぱり局所麻酔で痛みもあると言われれば怖いもんねふらふら

効き目が出てボーっとした頃、先生の登場です。
「今日は右目の手術だね。麻酔を打つから少しガマンしてね〜」
頬骨の上あたりにイヤ〜な感触ががく〜(落胆した顔)
でも、痛みはほとんど覚えていませんたらーっ(汗)
そこからガラガラと手術室へ運ばれて行きました。。

顔の上に目だけ出るシートをかけられて・・・・
(覚えてない眠い(睡眠)
血圧計が腕をギューっとして・・・・・
(さらに覚えてない眠い(睡眠)眠い(睡眠)
先生「〜〜〜なの?」
私「〜〜〜〜〜ですぅ」
(何か会話をした気がするけど覚えてない眠い(睡眠)

手術中に私は「イタイ、イタイ」言っていたらしいですたらーっ(汗)
無意識で言っているのを先生は分かっていたらしく、話しかけてくれたみたいふらふら
ううっあせあせ(飛び散る汗)恥ずかしいふらふら

気がつくと、移動用ベットに移るように促され移動。
意識の無いまま眠い(睡眠)部屋へ戻り、部屋のベットへ移動。
心配そうな両親(父も手術前に来てました)が迎えてくれて、注射で感情のタガの外れた私はボロ泣きもうやだ〜(悲しい顔)
「ウエエゥゥ〜もうやだ〜(悲しい顔)
お恥ずかしいあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
何で泣いたのかなぁ。ホッとしたんだと思うけど。。
そのまま1時間ほど眠ってしまいました眠い(睡眠)

思い出すと覚えていないことばかりあせあせ(飛び散る汗)(変な表現)
注射のおかげで痛みは意識しないで済んだけど、効果の怖さを思い知りました。


点眼と看護婦さんに起こされて、術後初の点眼目
自分で見られないのが怖いような。
多少痛いけど、思ったより平気な感じグッド(上向き矢印)
調子に乗って写真を撮ってもらいました。

2008.07.29-02.JPG

手(チョキ)なんてしちゃって元気でしょるんるん
目隠しが残念だけど、目を閉じてれば普通と変わらないねexclamation(威張ってみた)
そのまま寝巻きにお着替えブティック
もう安心だぁ〜〜〜手(グー)と、気が楽になったりましたかわいい

さらに調子に乗って夕飯を完食かわいい

2008.07.29-03.JPG

汁物は私が持ってま〜〜すわーい(嬉しい顔)

2008.07.29-04.JPG

お腹が減っていたので、美味しかったるんるん
片目で食べる初めての食事は、汁物をすする時距離感が掴めない事に驚いた。

食事が終わったら何度かの点眼のほかはやることがありません。
お風呂も洗顔も出来ないし、テレビも見れない。
暇してる頃に仕事帰りの妹がお見舞いに来てくれたexclamation
今日は早く切り上げて来たんだってるんるん
私の異常な回復ぶりにビックリするやら、安心するやら。

暗くなったらアッという間に時間はたちます。
21時消灯に向けて歯磨きして、体を拭いてお休みなさ〜い眠い(睡眠)
exclamation×2一日いろんなことがあって疲れたかと思ったら、軽い興奮と眼帯の違和感で眠れませんでしたパンチ
なが〜い夜でした夜
posted by kozakura at 00:00| Comment(0) | 入院と手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

病院へ

今日はとうとう病院へいきます。
7時から受付が始めるので、6時過ぎには家を出ました。

病院は公園のある通り沿いで、緑がいっぱいクリスマス
ちょうど7時頃到着して、紹介状と問診表に記入。

8時からの診察なので、近くの喫茶店でモーニングレストラン

2008.07.28-01.JPG

2008.07.28-02.JPG

病院のホントすぐ前ですわーい(嬉しい顔)
出前もOKと書いてあったので、「入院中にケーキ持ってきてもらう?」なんて言いながら、美味しいコーヒーを頂きましたかわいい

時間が近付いたので、病院へ戻り呼ばれるのを待ちます。
月曜日なのに待合はほとんど埋まってました。

順番が来て初診受付で質問をされます。
驚いたのが紙に記入ではなく、その場でパソコンで処理してること。
この後全ての検査結果も診察で先生が記入するのも、直接パソコンに書き込んでました目
最近の病院は凄いのね〜るんるん
(旦那にこの話をしたら笑われちゃったあせあせ(飛び散る汗)

視力、眼圧、眼底の写真と検査をした後にいよいよ診察です。
主治医が院長先生だった為に、たくさんある診察室でも特に混雑してましたあせあせ(飛び散る汗)

先に診察した人が看護婦さんに手術の説明をしますので・・・と案内されていた。私も同じ事言われるんだろうな〜。。

名前を呼ばれ先生に診てもらう。
紹介状と同じ診断で、右目は手術が必要で左目はレーザーで予防処置をしましょうとの事。
原因は特に無く、もともと網膜に弱い部分があった。
強い近視の為に網膜が引っ張られてその部に沿ってが避けてしまったそうですふらふら

右目の眼底写真

08-07-28右眼底写真(術前)B.jpg

剥がれた網膜がペロンと裏返ってるそうです爆弾
裂け目がハッキリしてるから直し安いけれど、大きいのでたちの悪い剥離だね。と言われた。

左目の眼底写真

08-07-28左眼底写真(術前)@.jpg

写ってなかったけど、右と同じ所に弱い部分があるそうです。
中央下の黒い部分が「黄班部」と言ってここまで剥離が進むと目が見えなくなるってふらふら

強い近視の人やアトピーで目をかきむしってしう人は網膜剥離になりやすいそうです。だからと言って全ての人がなる訳じゃなく・・・
先生曰く「なる時はなるexclamation×2がく〜(落胆した顔)あきらめるしかないよね〜。。

明日入院して、明日の手術で決定しました手(グー)

そして、「手術の説明をしますので案内しますねわーい(嬉しい顔)」と看護婦さん。
さっきの人と一緒だぁ〜あせあせ(飛び散る汗)


ここの病院は「手術説明室」ってのがあって、専門の看護婦さんがいました。
ハキハキした看護婦さんで手術の方法、リスクなど説明してくれました。

私の手術方法は「網膜復位術」と言ってシリコンのバンド縫いつけを眼球の外から圧迫し、網膜の隙間に入った水を押し出すという方法。
ただ、剥離が大きい為に「硝子体手術」という直接眼球内からアプローチするもう一つの手術も必要かも。

ドキドキしながら「痛みはありますか?」と聞くと、大きな剥離だから筋肉を触るのである程度の痛みは我慢して下さい。だってあせあせ(飛び散る汗)
でも後の方法よりリスクは少ないから頑張ってexclamationとの言葉かわいい

洗顔は入院中はできないバッド(下向き矢印)
シャワー・洗髪は介助の人がいて一度出来るそうですかわいい

看護婦として説明できる範囲を何でも教えてくれて、でもそれ以上は先生に聞いて下さい。と、凄く現実を見た発言。
それでいて面白い人でしたわーい(嬉しい顔)

説明が終わりもうお昼過ぎ、帰られるのかな?
と思ったら、これから手術前の検査がありますのでお昼を取って来てくださいね。バッド(下向き矢印)まだかかるんだぁもうやだ〜(悲しい顔)

お昼に手術日が決まったと旦那に連絡携帯電話をし、昼ご飯を食べて検査検査・け・ん・さ・・・バッド(下向き矢印)

眼鏡視野検査
ドーム状の囲いに焦点を固定したまま、見える光の範囲を調べる
眼鏡血液検査
気持ち悪くなるので寝て採ってもらいましたあせあせ(飛び散る汗)
眼鏡心電図
眼鏡さらに眼底写真
これ以上できないくらい目を360度回しました
眼鏡吸盤状(?)のコンタクトをして光を当てる検査
目の型を取ってる??何の検査か分からなかった
眼鏡涙の管の検査
眼鏡レントゲン

終わったのは4時頃でしたexclamation×2
疲れたよぉ。。。

帰宅してご飯食べてお風呂に入って各所に連絡して、早々にお休みなさい眠い(睡眠)
夜には頭の奥に鈍痛があり、文字を凝視するのは辛くなっていました。


posted by kozakura at 00:00| Comment(0) | 発病前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

名古屋へNo.2

車(セダン)名古屋へ約4時間
普段気にならない「ゆれ」が凄く頭にひびく。

妹が飛行機の中とかで使う携帯枕を持ってきてくれたので非常に助かる。

日曜日なので会社に連絡できず、直接係長の携帯に連絡を入れる。
入院1週間、安静期間2週間をみて盆休みいっぱい休暇をもらう。
ふらふら再就職したばかりなのに、申し訳ないなぁ。。

借りてた図書館の本も延滞願いの電話を入れる。

友人数人にもメールをする。
本人よりも驚いてみんな心配してくれるもうやだ〜(悲しい顔)

途中のサービスエリアで大雨が降った雨
それからも名古屋に近付くにしたがって降る雨雨
おかげで猛暑あせあせ(飛び散る汗)で有名な名古屋に着いた時は、暑さも弱まっていたぴかぴか(新しい)

実家に着いて母が笑顔で出迎えてくれた。
久しぶりに帰ってきたのに病気だなんてもうやだ〜(悲しい顔)
ちょっと落ち込み気味バッド(下向き矢印)

だけどexclamation×2
手(グー)落ち込んでなんていられないよねexclamation
明日は診察。早ければ、そのまま入院になるかも。
とりあえず一日分の入院の用意をして、早々に休みました眠い(睡眠)

このころの右目の見た目はあせあせ(飛び散る汗)

見た目.JPG

こんな感じ。
下にわずかに視野の欠損が見えるようになっていた。。
posted by kozakura at 00:01| Comment(0) | 発病前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋へNo.1

網膜剥離と診断された翌日。
車(セダン)名古屋へ移動です。

午前9時半頃に父&妹で実家から迎えに来てもらいました。
まだ準備が出来ていなかったので、待ってもらって荷造りあせあせ(飛び散る汗)

旦那から「枕を持っていくと良いよ」とのアドバイスで
普段使っている枕を持参。
他は寝巻き&部屋着、下着と日用品・・・持ってるものしか用意できません。
テレビは見れないから(眼科だからね)音楽を携帯に落として、何とか荷造りを終えました。

お昼を食べてから出発するぞ!
父の一声でお昼を食べにわーい(嬉しい顔)

2008.07.27.JPG

力を付けるぞexclamation×2がっつりと食べましたるんるん
私、網膜剥離してるのにねたらーっ(汗)
見た目は普通の人と変わらないよね。

自宅に旦那を送り届け、しばしのお別れですふらふら
約2週間、こんなに長く一人で実家に帰ったのは結婚して以来。
「家の事よろしく〜、犬の面倒見てあげてね〜手(パー)
手術は全身麻酔ではないので、命の危険は無いから、がんばって帰ってくるねexclamation×2と、元気に出発しました。

家族を残してるから、早く退院するぞexclamation×2


posted by kozakura at 00:00| Comment(0) | 発病前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

網膜剥離と診断された日

今日は地元のお祭りの日かわいい

祭りに行く前にと思い、ネットで調べた病院へ行きました。
(掛かりつけの眼科を持っていなかったので)

小田原のK眼科は入ってまず部屋の小ささにビックリあせあせ(飛び散る汗)
正直「大丈夫かなたらーっ(汗)」と思ったけれど、年配の方が多く待っていたのでコンタクト処方のみの眼科じゃないなと判断して、受付を済ませました。

視力、眼圧・・・と一通りの検査をして
「黒いゴミが見えるようなので、瞳を開いて眼底の検査をします」
と、看護婦さん。
検査に40分くらいかかるようなので、待ち合わせてた旦那を呼び一緒に居てもらう。

ふらふら眼底検査なんて始めてだから超キンチョ〜あせあせ(飛び散る汗)
痛いのかなぁがく〜(落胆した顔)と不安に思いながら、瞳孔を開く目薬が効くのを待つ。

いよいよ診察に呼ばれ、一人で診察室に入る。
思ってたより年配の先生でホッとする。(若い先生への差別だよねあせあせ(飛び散る汗)

先生「右目に黒いゴミが見えるそうだね」
  「じゃ眼底を診ましょう・・・」

先生「フンフン。ライトを強くしますね〜。左目も見ますよ。」

明るいライトを当てながら360度、目目をグルグルと回して診てもらう。ドキドキ・・・あせあせ(飛び散る汗)

先生「え〜と、右目は網膜に穴が開いてます。網膜剥離ですね。たぶん手術が必要でしょう。」
私 「どんっ(衝撃)主人も一緒なので呼んでもらってもいいですか?」
先生「(同じ説明を繰り返して)左目も弱い箇所があるのでレーザー治療が必要でしょう。安静にして早急に手術ができる病院へ行って下さい。」


身近に経験者はいたけれど、まさか私もexclamationと思ってかなりショックでした。。
でも治療しなければexclamation×2
旦那と今後事を相談する。(目に良いという理由で予定してた鰻屋さんで食べながら(^^;)さすがに写真を撮る余裕はなかったわたらーっ(汗)

色々と悩んだ結果、
実家にお世話になりながら名古屋の知っている病院で治療することに決めました。
安静と言われながらも突然の入院生活の準備、家の事を色々とお願いし
たりで夜中までかかっちゃった爆弾

posted by kozakura at 00:00| Comment(0) | 発病前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

地元の病院に飛び込む前。

がく〜(落胆した顔)思い返してみると、自覚症状と思われる事があったな〜。

〜診断の週前半くらいに〜

洗面所で飼い犬が足元を通った?と思ったら全く違う所にいた。
(飛蚊症の始まりか?)
夜寝て目を閉じても何か明るい。駐車場のヘッドライトかな??
(光視症?)

〜診断の数日前〜

2日前はゴミみたいのが数個(3個くらいだったかな)が見える。
1日前はゴミの数が増え、モズク状のものが見える。


翌日は土曜日で仕事もお休みだったので、開いている病院を探して診てもらう事にした。

飛蚊症とは次項有
光視症とは次項有
posted by kozakura at 00:00| Comment(0) | 発病前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〜初めに〜

「網膜剥離」
誰でも聞いたことのある病気だと思います。

私も病名は知ってはいましたが、
「ボクサーが顔面にパンチを受けてなる」
「失明してしまう病気」
としか認識がありませんでした。

もちろん自分には無縁な病気だと思っていましたが、33歳にして発病あせあせ(飛び散る汗)

でも取り乱さず治療できたのは、身近に若くして経験をした人がいたから。
そして支えてくれた家族がいたからぴかぴか(新しい)

その人達へ感謝の気持ちと、発病して情報が欲しい人、自分の記録として綴りたいと思います。
posted by kozakura at 00:00| Comment(0) | 初めに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。