2008年07月28日

病院へ

今日はとうとう病院へいきます。
7時から受付が始めるので、6時過ぎには家を出ました。

病院は公園のある通り沿いで、緑がいっぱいクリスマス
ちょうど7時頃到着して、紹介状と問診表に記入。

8時からの診察なので、近くの喫茶店でモーニングレストラン

2008.07.28-01.JPG

2008.07.28-02.JPG

病院のホントすぐ前ですわーい(嬉しい顔)
出前もOKと書いてあったので、「入院中にケーキ持ってきてもらう?」なんて言いながら、美味しいコーヒーを頂きましたかわいい

時間が近付いたので、病院へ戻り呼ばれるのを待ちます。
月曜日なのに待合はほとんど埋まってました。

順番が来て初診受付で質問をされます。
驚いたのが紙に記入ではなく、その場でパソコンで処理してること。
この後全ての検査結果も診察で先生が記入するのも、直接パソコンに書き込んでました目
最近の病院は凄いのね〜るんるん
(旦那にこの話をしたら笑われちゃったあせあせ(飛び散る汗)

視力、眼圧、眼底の写真と検査をした後にいよいよ診察です。
主治医が院長先生だった為に、たくさんある診察室でも特に混雑してましたあせあせ(飛び散る汗)

先に診察した人が看護婦さんに手術の説明をしますので・・・と案内されていた。私も同じ事言われるんだろうな〜。。

名前を呼ばれ先生に診てもらう。
紹介状と同じ診断で、右目は手術が必要で左目はレーザーで予防処置をしましょうとの事。
原因は特に無く、もともと網膜に弱い部分があった。
強い近視の為に網膜が引っ張られてその部に沿ってが避けてしまったそうですふらふら

右目の眼底写真

08-07-28右眼底写真(術前)B.jpg

剥がれた網膜がペロンと裏返ってるそうです爆弾
裂け目がハッキリしてるから直し安いけれど、大きいのでたちの悪い剥離だね。と言われた。

左目の眼底写真

08-07-28左眼底写真(術前)@.jpg

写ってなかったけど、右と同じ所に弱い部分があるそうです。
中央下の黒い部分が「黄班部」と言ってここまで剥離が進むと目が見えなくなるってふらふら

強い近視の人やアトピーで目をかきむしってしう人は網膜剥離になりやすいそうです。だからと言って全ての人がなる訳じゃなく・・・
先生曰く「なる時はなるexclamation×2がく〜(落胆した顔)あきらめるしかないよね〜。。

明日入院して、明日の手術で決定しました手(グー)

そして、「手術の説明をしますので案内しますねわーい(嬉しい顔)」と看護婦さん。
さっきの人と一緒だぁ〜あせあせ(飛び散る汗)


ここの病院は「手術説明室」ってのがあって、専門の看護婦さんがいました。
ハキハキした看護婦さんで手術の方法、リスクなど説明してくれました。

私の手術方法は「網膜復位術」と言ってシリコンのバンド縫いつけを眼球の外から圧迫し、網膜の隙間に入った水を押し出すという方法。
ただ、剥離が大きい為に「硝子体手術」という直接眼球内からアプローチするもう一つの手術も必要かも。

ドキドキしながら「痛みはありますか?」と聞くと、大きな剥離だから筋肉を触るのである程度の痛みは我慢して下さい。だってあせあせ(飛び散る汗)
でも後の方法よりリスクは少ないから頑張ってexclamationとの言葉かわいい

洗顔は入院中はできないバッド(下向き矢印)
シャワー・洗髪は介助の人がいて一度出来るそうですかわいい

看護婦として説明できる範囲を何でも教えてくれて、でもそれ以上は先生に聞いて下さい。と、凄く現実を見た発言。
それでいて面白い人でしたわーい(嬉しい顔)

説明が終わりもうお昼過ぎ、帰られるのかな?
と思ったら、これから手術前の検査がありますのでお昼を取って来てくださいね。バッド(下向き矢印)まだかかるんだぁもうやだ〜(悲しい顔)

お昼に手術日が決まったと旦那に連絡携帯電話をし、昼ご飯を食べて検査検査・け・ん・さ・・・バッド(下向き矢印)

眼鏡視野検査
ドーム状の囲いに焦点を固定したまま、見える光の範囲を調べる
眼鏡血液検査
気持ち悪くなるので寝て採ってもらいましたあせあせ(飛び散る汗)
眼鏡心電図
眼鏡さらに眼底写真
これ以上できないくらい目を360度回しました
眼鏡吸盤状(?)のコンタクトをして光を当てる検査
目の型を取ってる??何の検査か分からなかった
眼鏡涙の管の検査
眼鏡レントゲン

終わったのは4時頃でしたexclamation×2
疲れたよぉ。。。

帰宅してご飯食べてお風呂に入って各所に連絡して、早々にお休みなさい眠い(睡眠)
夜には頭の奥に鈍痛があり、文字を凝視するのは辛くなっていました。


posted by kozakura at 00:00| Comment(0) | 発病前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。