2008年07月28日

病院へ

今日はとうとう病院へいきます。
7時から受付が始めるので、6時過ぎには家を出ました。

病院は公園のある通り沿いで、緑がいっぱいクリスマス
ちょうど7時頃到着して、紹介状と問診表に記入。

8時からの診察なので、近くの喫茶店でモーニングレストラン

2008.07.28-01.JPG

2008.07.28-02.JPG

病院のホントすぐ前ですわーい(嬉しい顔)
出前もOKと書いてあったので、「入院中にケーキ持ってきてもらう?」なんて言いながら、美味しいコーヒーを頂きましたかわいい

時間が近付いたので、病院へ戻り呼ばれるのを待ちます。
月曜日なのに待合はほとんど埋まってました。

順番が来て初診受付で質問をされます。
驚いたのが紙に記入ではなく、その場でパソコンで処理してること。
この後全ての検査結果も診察で先生が記入するのも、直接パソコンに書き込んでました目
最近の病院は凄いのね〜るんるん
(旦那にこの話をしたら笑われちゃったあせあせ(飛び散る汗)

視力、眼圧、眼底の写真と検査をした後にいよいよ診察です。
主治医が院長先生だった為に、たくさんある診察室でも特に混雑してましたあせあせ(飛び散る汗)

先に診察した人が看護婦さんに手術の説明をしますので・・・と案内されていた。私も同じ事言われるんだろうな〜。。

名前を呼ばれ先生に診てもらう。
紹介状と同じ診断で、右目は手術が必要で左目はレーザーで予防処置をしましょうとの事。
原因は特に無く、もともと網膜に弱い部分があった。
強い近視の為に網膜が引っ張られてその部に沿ってが避けてしまったそうですふらふら

右目の眼底写真

08-07-28右眼底写真(術前)B.jpg

剥がれた網膜がペロンと裏返ってるそうです爆弾
裂け目がハッキリしてるから直し安いけれど、大きいのでたちの悪い剥離だね。と言われた。

左目の眼底写真

08-07-28左眼底写真(術前)@.jpg

写ってなかったけど、右と同じ所に弱い部分があるそうです。
中央下の黒い部分が「黄班部」と言ってここまで剥離が進むと目が見えなくなるってふらふら

強い近視の人やアトピーで目をかきむしってしう人は網膜剥離になりやすいそうです。だからと言って全ての人がなる訳じゃなく・・・
先生曰く「なる時はなるexclamation×2がく〜(落胆した顔)あきらめるしかないよね〜。。

明日入院して、明日の手術で決定しました手(グー)

そして、「手術の説明をしますので案内しますねわーい(嬉しい顔)」と看護婦さん。
さっきの人と一緒だぁ〜あせあせ(飛び散る汗)


ここの病院は「手術説明室」ってのがあって、専門の看護婦さんがいました。
ハキハキした看護婦さんで手術の方法、リスクなど説明してくれました。

私の手術方法は「網膜復位術」と言ってシリコンのバンド縫いつけを眼球の外から圧迫し、網膜の隙間に入った水を押し出すという方法。
ただ、剥離が大きい為に「硝子体手術」という直接眼球内からアプローチするもう一つの手術も必要かも。

ドキドキしながら「痛みはありますか?」と聞くと、大きな剥離だから筋肉を触るのである程度の痛みは我慢して下さい。だってあせあせ(飛び散る汗)
でも後の方法よりリスクは少ないから頑張ってexclamationとの言葉かわいい

洗顔は入院中はできないバッド(下向き矢印)
シャワー・洗髪は介助の人がいて一度出来るそうですかわいい

看護婦として説明できる範囲を何でも教えてくれて、でもそれ以上は先生に聞いて下さい。と、凄く現実を見た発言。
それでいて面白い人でしたわーい(嬉しい顔)

説明が終わりもうお昼過ぎ、帰られるのかな?
と思ったら、これから手術前の検査がありますのでお昼を取って来てくださいね。バッド(下向き矢印)まだかかるんだぁもうやだ〜(悲しい顔)

お昼に手術日が決まったと旦那に連絡携帯電話をし、昼ご飯を食べて検査検査・け・ん・さ・・・バッド(下向き矢印)

眼鏡視野検査
ドーム状の囲いに焦点を固定したまま、見える光の範囲を調べる
眼鏡血液検査
気持ち悪くなるので寝て採ってもらいましたあせあせ(飛び散る汗)
眼鏡心電図
眼鏡さらに眼底写真
これ以上できないくらい目を360度回しました
眼鏡吸盤状(?)のコンタクトをして光を当てる検査
目の型を取ってる??何の検査か分からなかった
眼鏡涙の管の検査
眼鏡レントゲン

終わったのは4時頃でしたexclamation×2
疲れたよぉ。。。

帰宅してご飯食べてお風呂に入って各所に連絡して、早々にお休みなさい眠い(睡眠)
夜には頭の奥に鈍痛があり、文字を凝視するのは辛くなっていました。


posted by kozakura at 00:00| Comment(0) | 発病前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

名古屋へNo.2

車(セダン)名古屋へ約4時間
普段気にならない「ゆれ」が凄く頭にひびく。

妹が飛行機の中とかで使う携帯枕を持ってきてくれたので非常に助かる。

日曜日なので会社に連絡できず、直接係長の携帯に連絡を入れる。
入院1週間、安静期間2週間をみて盆休みいっぱい休暇をもらう。
ふらふら再就職したばかりなのに、申し訳ないなぁ。。

借りてた図書館の本も延滞願いの電話を入れる。

友人数人にもメールをする。
本人よりも驚いてみんな心配してくれるもうやだ〜(悲しい顔)

途中のサービスエリアで大雨が降った雨
それからも名古屋に近付くにしたがって降る雨雨
おかげで猛暑あせあせ(飛び散る汗)で有名な名古屋に着いた時は、暑さも弱まっていたぴかぴか(新しい)

実家に着いて母が笑顔で出迎えてくれた。
久しぶりに帰ってきたのに病気だなんてもうやだ〜(悲しい顔)
ちょっと落ち込み気味バッド(下向き矢印)

だけどexclamation×2
手(グー)落ち込んでなんていられないよねexclamation
明日は診察。早ければ、そのまま入院になるかも。
とりあえず一日分の入院の用意をして、早々に休みました眠い(睡眠)

このころの右目の見た目はあせあせ(飛び散る汗)

見た目.JPG

こんな感じ。
下にわずかに視野の欠損が見えるようになっていた。。
posted by kozakura at 00:01| Comment(0) | 発病前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋へNo.1

網膜剥離と診断された翌日。
車(セダン)名古屋へ移動です。

午前9時半頃に父&妹で実家から迎えに来てもらいました。
まだ準備が出来ていなかったので、待ってもらって荷造りあせあせ(飛び散る汗)

旦那から「枕を持っていくと良いよ」とのアドバイスで
普段使っている枕を持参。
他は寝巻き&部屋着、下着と日用品・・・持ってるものしか用意できません。
テレビは見れないから(眼科だからね)音楽を携帯に落として、何とか荷造りを終えました。

お昼を食べてから出発するぞ!
父の一声でお昼を食べにわーい(嬉しい顔)

2008.07.27.JPG

力を付けるぞexclamation×2がっつりと食べましたるんるん
私、網膜剥離してるのにねたらーっ(汗)
見た目は普通の人と変わらないよね。

自宅に旦那を送り届け、しばしのお別れですふらふら
約2週間、こんなに長く一人で実家に帰ったのは結婚して以来。
「家の事よろしく〜、犬の面倒見てあげてね〜手(パー)
手術は全身麻酔ではないので、命の危険は無いから、がんばって帰ってくるねexclamation×2と、元気に出発しました。

家族を残してるから、早く退院するぞexclamation×2


posted by kozakura at 00:00| Comment(0) | 発病前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

網膜剥離と診断された日

今日は地元のお祭りの日かわいい

祭りに行く前にと思い、ネットで調べた病院へ行きました。
(掛かりつけの眼科を持っていなかったので)

小田原のK眼科は入ってまず部屋の小ささにビックリあせあせ(飛び散る汗)
正直「大丈夫かなたらーっ(汗)」と思ったけれど、年配の方が多く待っていたのでコンタクト処方のみの眼科じゃないなと判断して、受付を済ませました。

視力、眼圧・・・と一通りの検査をして
「黒いゴミが見えるようなので、瞳を開いて眼底の検査をします」
と、看護婦さん。
検査に40分くらいかかるようなので、待ち合わせてた旦那を呼び一緒に居てもらう。

ふらふら眼底検査なんて始めてだから超キンチョ〜あせあせ(飛び散る汗)
痛いのかなぁがく〜(落胆した顔)と不安に思いながら、瞳孔を開く目薬が効くのを待つ。

いよいよ診察に呼ばれ、一人で診察室に入る。
思ってたより年配の先生でホッとする。(若い先生への差別だよねあせあせ(飛び散る汗)

先生「右目に黒いゴミが見えるそうだね」
  「じゃ眼底を診ましょう・・・」

先生「フンフン。ライトを強くしますね〜。左目も見ますよ。」

明るいライトを当てながら360度、目目をグルグルと回して診てもらう。ドキドキ・・・あせあせ(飛び散る汗)

先生「え〜と、右目は網膜に穴が開いてます。網膜剥離ですね。たぶん手術が必要でしょう。」
私 「どんっ(衝撃)主人も一緒なので呼んでもらってもいいですか?」
先生「(同じ説明を繰り返して)左目も弱い箇所があるのでレーザー治療が必要でしょう。安静にして早急に手術ができる病院へ行って下さい。」


身近に経験者はいたけれど、まさか私もexclamationと思ってかなりショックでした。。
でも治療しなければexclamation×2
旦那と今後事を相談する。(目に良いという理由で予定してた鰻屋さんで食べながら(^^;)さすがに写真を撮る余裕はなかったわたらーっ(汗)

色々と悩んだ結果、
実家にお世話になりながら名古屋の知っている病院で治療することに決めました。
安静と言われながらも突然の入院生活の準備、家の事を色々とお願いし
たりで夜中までかかっちゃった爆弾

posted by kozakura at 00:00| Comment(0) | 発病前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

地元の病院に飛び込む前。

がく〜(落胆した顔)思い返してみると、自覚症状と思われる事があったな〜。

〜診断の週前半くらいに〜

洗面所で飼い犬が足元を通った?と思ったら全く違う所にいた。
(飛蚊症の始まりか?)
夜寝て目を閉じても何か明るい。駐車場のヘッドライトかな??
(光視症?)

〜診断の数日前〜

2日前はゴミみたいのが数個(3個くらいだったかな)が見える。
1日前はゴミの数が増え、モズク状のものが見える。


翌日は土曜日で仕事もお休みだったので、開いている病院を探して診てもらう事にした。

飛蚊症とは次項有
光視症とは次項有
posted by kozakura at 00:00| Comment(0) | 発病前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。